身近に起こり得る注意すべき見積もり依頼の仕方

>
この記事をシェアする

見積り依頼は注意点さえ知っていれば失敗しない

面倒な情報収集が役に立つ

どこの業者に依頼したらいいか分からないからとりあえず片っ端から依頼してみる、これも決して間違った方法ではないでしょう。
しかし、時間をかけて集めた見積りも多すぎると結局どこが良いのかわからなくなるはずです。
「一番安いから」という理由で決めた見積りも見落としている落とし穴があるかもしれません。
反対に、どこに頼んでも一緒だという考えで一件または数件の見積り依頼しかしなかったとしても同じです。

業者に見積もり依頼する時に大切なことは見積りの数ではなく、どんな注意点が潜んでいるか知っておくことです。
引っ越しなら「申告漏れ」を防ぐために荷物や周辺情報の把握は欠かせません。
不安なら業者に訪問してもらうのが一番です。
リフォームなら、相場を把握しリフォームを依頼する条件を統一し、比較対象をより明確化することです。
これをするだけで、見積りの精度が上がりますね。

見積り依頼する際は何が必要か情報を集めましょう。

業者との信頼関係を大切にする

様々な業者も仕事上はお客と業者の担当という関係ですが、お互い良い仕事をしたいと思っています。
しかし、後からどんどん提案して請求してくる悪徳業者も残念ながらたくさん存在します。
そんな業者の被害に遭わないためにも、対面して直接話して相談することは欠かせません。
メールや電話だけと直接話を聞く場合とでは全く相手の印象は変わります。
大きな買い物の場合は尚更、親切な業者かどうか判断する決め手にもなります。
直接対面できれば、ちょっとでも分からない部分を質問して解決できますよね。
もちろん何でも依頼して見積りに変更を重ねることになれば「契約をしてくれるかわからないのにそこまで時間はかけられない」とトラブルに発展します。
業者側も契約に繋がらなかったら見積りを作り直した分赤字になってしまいます。

見積りをお願いする際には最低限マナーがあることを忘れずに、直接たくさん話を聞いて良い業者に出会えるようにしてください。


Copyright © 業者に見積りを依頼する時の注意点. All Rights Reserved.

TOPへ戻る