身近に起こり得る注意すべき見積もり依頼の仕方

>
この記事をシェアする

まずは大切な業者選び

「電話・インターネット見積もり」の前に

電話やインターネット見積もりのメリットといったら、部屋の中を業者に見られず、自分の好きな時間に行うことができることです。
そんな見積もりをスムーズに行うために事前にチェックしておくポイントがあります。

それは『現在の住所と引越し先住所』『引越し希望日』『荷物の数』『新旧居の建物・道路情報』の確認です。
『荷物の数』に関しては一点一点細かく確認があるので、事前に荷物をリストアップしておきましょう。
大きめの家具なら寸法の確認もしてください。
そして想定されるダンボールの数を出してください。
正確に伝えないと積みきれないというトラブルが起こってしまいます。

『新旧居の建物・道路情報』もしっかり確認しないと料金に関わります。
階数、エレベーターの有無、トラックの駐車場所、道の幅は当日の作業に影響しますので申告漏れがあると、業者が想定外の作業をせざる負えない状況になればその場合、追加料金は避けられません。

やってはいけないNGポイント

電話見積もりの際、無理な荷物の量を依頼するのはマナー違反です。
業者によって違いはありますが電話の場合、荷物を見ないで見積もりを出せる量が社則で決まっています。
不安な場合は「訪問見積もり」を依頼するようにしてください。

そして「荷物の申告漏れ」はNGです。
これは荷物がトラックに乗り切らない恐れがあり「言った、言わない」で業者とのトラブルにもまります。
もちろん見積もりを取った後に荷物を増やすのもNGです。

しかし引越し業者はこのような場合も想定して対応しなければいけません。
ですので見積もりの中には大抵はプラスαで余裕を持たせ、あらかじめ大きめのトラックをチャーターしたり作業員を増やしたりするので実際の料金より高くなることを想定しておいてください。

このような場合を含め、実は面倒に感じる「訪問見積もり」を行った方がトラブルを回避でき、依頼者の負担も減らせます。
見積もり依頼する時は注意してくださいね。


Copyright © 業者に見積りを依頼する時の注意点. All Rights Reserved.

TOPへ戻る